アイスホッケーアジアリーグ日本製紙クレインズは23日、日本製紙アイスアリーナで東北フリーブレイズとの最終2連戦の第1戦に臨み、2―3で敗れた。試合前には日光アイスバックスの5位以上が確定し、クレインズはプレーオフ(PO)進出を逃した。通算成績は10勝17敗。勝ち点は32のまま。

 クレインズは第1ピリオド序盤に集中力を欠き、混戦の隙をつかれ2失点。第2ピリオド8分すぎには4対3のパワープレーでゴール前に走り込んだFW高木が1点を返したがすぐに攻め込まれ、東北に3点目を許した。同15分すぎにはFW鈴木が左サイドからパックを押し込み、追加点を挙げた。第3ピリオド残り1分で6人攻撃を仕掛けたが、得点できなかった。