【函館】情感あふれるアルゼンチンタンゴのダンスと音楽の夕べ「スペシャルタンゴの夜〜ピアソラによせて」が25日午後6時半から、函館市公民館(青柳町12)で開かれる。市内の「アルーラタンゴスタジオ」の初めての主催公演で、榊守人代表は「観客も一緒にタンゴの音、踊りを思いっきり楽しんでほしい」と来場を呼びかけている。

 アルーラタンゴスタジオは2010年に開校。イタリアでアルゼンチンタンゴのダンス教室を開いていたタンゴダンサーの榊さんとモニカ・ダンジェラントニオさん夫妻が教えている。

 当日は、榊さんとモニカさんのペアのほか、札幌のペア「Takahiro(タカヒロ)&Mariko(マリコ)」、アルーラタンゴスタジオでダンスを学ぶ4人と、市内の音楽家烏野慶太さん(バイオリン)、猪俣美津子さん(アコーディオン)、ANGELA(アンジェラ)さん(ピアノ)のトリオ「タンゲリア」が出演する。