道南のクジラ文化をテーマにしたイベント「函館くじらフェスティバル」が16日、函館市弁天町の函館市国際水産・海洋総合研究センターで開かれた。会場ではパネル展示や「くじらラーメン」の販売などが行われ、市民らはクジラについて理解を深めた。

 函館水産連合協議会と函館市、函館国際水産・海洋都市推進機構の主催で2回目。同センター屋外ではクジラのだしがきいた塩味で、クジラの赤肉チャーシューをトッピングした「くじらラーメン」を販売。雨が降りしきる中、午前11時の販売開始前に約60人が列をつくり、限定300食のラーメンは1時間で完売した。友人らと訪れた七飯町の成田未羽(みう)さん(10)は「チャーシューにクジラのだしがしみこんでいておいしい」と笑顔で話した。