【松前】地元特産のホンマグロ(クロマグロ)の今季の漁が始まり、18日には松前港に2匹が初水揚げされた。初水揚げは、大不漁だった昨年の8月1日より2週間ほど早く、浜は豊漁を期待している。

 ホンマグロ漁は1日に解禁。この日は松前さくら漁協のマグロはえ縄漁船4隻が未明に出港した。このうち第28勝宝丸(9・1トン)が、町白神沖でスルメイカをえさに約30キロ、約40キロの2匹を釣り上げた。同船の堀川義人船長(75)は「マグロの気配がなく、今日釣れるとは思っていなかった。釣れて良かった」と胸をなで下ろした。