18日午後3時ごろ、札幌市南区簾舞3の2の雑木林にクマ1頭がいるのを、通りかかった男性が見つけ、110番した。駆け付けた札幌南署員や猟友会のハンターらが大声を出すなどして威嚇したところ、クマは南側の山に逃げた。

 同署によると、体長約1メートルの子グマとみられる。現場は市立簾舞中学校から約300メートルの住宅街。15日午前には約400メートル離れた簾舞4の3の山林でも体長約2メートルのクマが目撃されており、同署は警戒を呼び掛けている。