【芽室】ジャガイモを模した木製オブジェを並べる「巨大じゃがいもアート」が21日、町内の赤れんが倉庫(東3の1)で始まる。今年は130カ国の子供の絵や工作約2万点を集めた。

 帯広出身の造形作家浅野修さん(80)=神奈川県鎌倉市在住=が代表を務めるNPO法人「十勝めむろ赤レンガ倉庫」の主催。食糧基地の十勝から食と平和を発信しようと、築約100年の農協倉庫を使って2015年から期間限定で公開している。

 9月24日まで。午前10時半〜午後5時。月曜休館、入場無料。問い合わせはNPOの藤代さん(電)080・2015・5853へ。(米田真梨子)