【滝川】JR北海道が経費節減のため無人駅廃止を進める中、根室線東滝川駅を残そうと、地元の連合町内会がさまざまな利活用策に取り組んでいる。沿線各駅の周辺住民同士が根室線で行き来するツアーを近く呼びかける方針。町内会は「普段の生活で駅や根室線をもっと利用したい」としている。

 東滝川連合町内会は4月の総会で、活動目標に「東滝川駅の利活用」を挙げた。これまでも富良野の北海へそ祭りを見に出かけたり、滝川での祭りには東滝川駅から根室線で往復したりと積極的に利用してきた。

 今回はさらに、東滝川から根室線に乗って赤平や芦別駅を訪れ、周辺を散策するミニツアーを計画。周辺駅の住民に呼びかけ、それぞれが行き来するプランも検討している。