小樽市生まれの沼田真佑(しんすけ)さん(38)=盛岡市在住=が芥川賞を受賞し、一夜明けた20日、小樽市内は祝賀ムードに包まれた。市立小樽図書館は沼田さんの受賞を伝える新聞記事や受賞会見録を展示した特別コーナーを設置。市内の書店は受賞作「影裏(えいり)」の問い合わせが相次いだ。受賞に歓喜する小樽に住む沼田さんの親戚は、自然を好む穏やかな人柄や特技を語った。

 紀伊国屋書店小樽店(稲穂2)では朝から問い合わせが寄せられた。影裏は28日に単行本が出版される予定で、すでに数件予約が入ったという。小川智恵店長は「地元出身の作家が獲得したということで、関心は高い。単行本が入荷すれば、いろいろと工夫して盛り上げるような企画を考えたい」と話す。

 市立小樽図書館は、影裏が掲載された文芸雑誌「文学界5月号」を所蔵していないため、道立図書館から同雑誌を取り寄せ、25日から特別コーナーに展示する。