【恵庭】子どもたちにゴルフの楽しさを体験してもらうイベント「ジュニアチャレンジHOKKAIDO」が、恵庭市島松沢の札幌エルムカントリークラブで開かれた。

 道ゴルフ連盟、北海道新聞社などの主催で、17日に実施。札幌や江別、千歳、恵庭の小学生39人がプラスチック製のクラブで、テニスボールのような球を打つ「スナッグゴルフ」に挑戦した。

 プロ選手16人が、クラブの握り方やスイングを指導。子どもたちは12グループに分かれ、プロ選手と一緒にミニコースを回った。球が真っすぐに飛ぶと「ナイスショット」と声を掛け合った。

 札幌市立山の手南小5年尾形美緒さん(10)は「コースを回るのは難しかった。もっとゴルフがうまくなりたい」と話した。(池田大地)