日本ハムは攻守で精彩を欠き4連敗。敵地では10連敗となった。先発有原は二回にペーニャに先制ソロを許すなど2点を失い、六回もペーニャにソロを浴びた。打線は七、九回に1点ずつを返したが、好機で畳みかけられなかった。ロッテはペーニャの活躍で連敗を4で止めた。