約1カ月ぶりの連勝に向け、好調・上沢がきょう5日のオリックス15回戦(札幌ドーム)に先発登板する。7月はチームトップの3勝を記録。「四球が少ないのが、結果を残せている証拠。早い段階でストライクゾーンで勝負できている」と自己分析。猛牛打線も手玉に取る。

 万全を期す。もともとは2日のロッテ戦に先発予定だったが、1日の同戦が雨で流れたために出番がズレ込んだ。相手も代わり、「調整は難しいけど、しっかりパフォーマンスを出せるように頑張る。やることは変わらない。一番いいボールを投げることに集中する」と意気込む。

 ファンの声援も力に変える。札幌ドームでの登板は今季3度目。「ファンのためにも良い試合をして勝つ」。右肘の手術から復活した右腕がチームを上昇気流に乗せる。<道新スポーツ8月5日掲載>