道産子ルーキーの玉井が、敗戦の中でも存在感を発揮した。五回までに5失点の上原に代わり、2番手で六回からマウンドへ。七回まで2イニングを6人で完璧に抑え、打線の援護を待った。

 六回は7番・武田からの下位打線。外角中心の攻めで武田、安達を簡単に内野ゴロに沈めると、西野からは外角直球で見逃し三振を奪った。続く七回はT―岡田、吉田正を連続三振。マレーロは内角のシュートで詰まらせ、一邪飛を打ち上げさせた。内外角を幅広く使う持ち前のスタイルで、オリックス打線を完全に封じ込めた。

 3点のビハインドを打線はひっくり返せなかったが、玉井は「外の真っすぐもしっかり投げ切れたし、幅を使った投球ができたと思う」と自身の投球に手応えをにじませた。

 谷元のトレード移籍により、若きリリーフ陣が一層しのぎを削る。「玉井が先に抑えて、他の二人にも火が付いたね」と吉井投手コーチ。石川直、田中豊もその後しっかり無失点投球で役目を果たした。次代の日本ハムブルペンを担う逸材が、着実に経験値を蓄えている。(石栗賢)<道新スポーツ8月7日掲載>