5位の日本ハムは18日、函館市の千代台公園野球場で首位楽天と対戦し、後半戦のスタートを切る。続いて19、20日に札幌ドームで楽天と戦い、21日からメットライフドームで3位西武と3連戦に臨む。日本ハムは前半戦、31勝51敗で楽天とは23ゲーム差。巻き返しへ向けて上位チームとの直接対決で、少しでも差を詰めたい。

 チームは16日、球宴に出場した大谷、中田ら5選手を除くメンバーが、札幌市内の室内練習場で練習した。17日に函館に移動する予定。後半戦の「開幕」を務めるのは、シーズン開幕投手の有原の見込み。栗山監督は、前半戦5勝6敗に終わった有原について「ここからはしっかり貯金してくれると思う」と期待した。大谷の起用については「1カード目(楽天戦3連戦)での登板はない」と、投手としては少なくとも21日の西武戦以降になる見通しを示した。