JR北海道は27日までに、お盆期間(8月10〜17日)の特急列車の指定席予約状況(7月25日時点)をまとめた。昨年3月に開業した北海道新幹線の予約席数は開業効果が落ち着き、前年同期比15・7%減の約5万5千席。新幹線を含む全ての特急の予約は、同11・6%減の約8万8千席だった。

 在来線の札幌発着と、本州から新函館北斗に到着する新幹線の予約のピークはいずれも8月11日、新函館北斗から本州に向かう新幹線の予約のピークは同15日となっている。