白山一里野音楽祭(北陸放送、白山市主催、北國新聞社後援)は5日、同市尾添の白山一里野高原特設ステージで行われ、全国や石川で活躍する音楽アーティストらの歌声が夏の白山麓に響き、大勢の聴衆を楽しませた。 音楽ユニット「ORIGINAL LOVE」を率いる田島貴男さんは「ボディ・フレッシャー」、「ジャンピンジャックジャイブ」などを披露した。代表曲「接吻」では会場の盛り上がりが最高潮に達し、観客から手拍子が送られた。R&BシンガーのMs.OOJA(ミスオオジャ)さんは「Be」や「BRAVE」など7曲で美声を響かせた。 県内を中心に活動するシンガー・ソングライターの千寿さん=内灘町出身=、2人組音楽ユニット「らせん」も出演し、会場を沸かせた。