富山県の「看護学生Uターン応援病院見学・交流会」は7日、高岡市などで開かれた。県外の看護学校に進学した11人が病院の見学などを通してUターン就職に興味を深め、進路の参考にした。 見学会は、高岡と砺波の2コースに分かれて行われた。高岡コースでは、JCHO高岡ふしき病院を訪問し、坪井ちえみ総看護師長から病院の概要や理念、地域との連携について説明を受けた後、在宅医療を支援する「地域医療連携室」や病児保育室などを見て回った。厚生連高岡病院も訪れたほか、高岡エクールでUターン就職した看護師との交流会に参加した。10日には富山市内で開かれる。