石川労働局は9日、県内に本店を置く8金融機関と働き方改革に関する連携協定を結んだ。労働関係の助成金の周知やワークライフバランスの推進、雇用環境の整備などに協力して取り組む。 労働局と金融機関との協定締結は全国で進められているが、石川労働局の締結は今回が初めて。金沢市の同局で締結式が行われ、小奈健男局長と北國銀行、金沢、のと共栄、北陸、鶴来、興能の5信金、金沢中央、県医師の2信組の代表者が協定書に署名した。