日本遺産「小松の石文化」を活用した誘客活動に取り組む金沢学院大の学生7人は9日、小松市鵜川町などを巡った。学生の目線やアイデアを生かしたスタンプラリーを11月に実施し、地域の活性化につなげる。 芸術学部の飯田栄治学部長、吉田一誠講師のゼミ生らが、鵜川、遊泉寺、立明寺の3町の住民でつくる鵜遊立地域活性化委員会メンバーの案内で、建機大手コマツ発祥の地である遊泉寺銅山跡や石切場だったハニベ岩窟院など6カ所を巡った。 山本汐音さん(美術文化学部3年)は「地元の人が気付かない魅力を見つけ、この地域のオリジナリティーを発信したい」と話した。