金沢市内の都市型ホテルでつくる金沢ホテル懇話会の「夜のもてなし研修会」は9日夜、金沢市のにし茶屋街で開かれ、会員ホテルの34人が芸妓(げいこ)の踊りやお座敷太鼓を通じて花街文化に触れた。 各ホテルの幹部や若手従業員らが参加した。懇話会によると、ホテル従業員は宴会などで芸妓の踊りを見る機会はあるが、体験する機会は多くない。このため、宿泊客や取引先に花街文化を紹介する実体験を積む機会として、毎年この時期に研修会を実施している。