金沢城公園や兼六園をライトアップする「金沢城・兼六園四季物語 夏の段」(北國新聞社後援)は10日始まった。4月にオープンした金沢城公園鶴の丸休憩館からは、闇夜に浮かぶ菱(ひし)櫓(やぐら)や五十間長屋、橋爪門を一望でき、来場者が荘厳な雰囲気の漂う夜の城郭に見入った。期間は12日までの3日間で、午後6時半〜9時に行われる。