文化功労者の漆芸家で、7月12日に98歳で死去した三谷吾一(本名・伍市)さん=輪島市河井町=の追悼式は12日、同市文化会館で営まれた。三谷さんは同市の名誉市民であることから市が主催し、約600人が輪島塗の沈金(ちんきん)技法で色彩美に満ちた世界を創り上げた功績をたたえてしのんだ。 梶文秋市長は「(三谷)先生とのお別れは市にとって痛惜の極み」と悼んだ。谷本正憲知事の追悼の言葉を竹中博康副知事が代読し、北村茂男衆院議員、椿原正洋市議会議長らも三谷さんとの思い出を語った。 遺族を代表して長男の彫刻家慎(しん)さん(64)=前橋市=が「父は輪島から離れず仕事をした。輪島で人生をまっとうした父は幸せだった」と市民の支援に感謝した。