第38回全国歯科保健大会(富山新聞社後援)は11日、富山市の富山県民会館で開かれた。富山では初の開催となる。全国の歯科医や一般参加者ら約900人が「よく噛(か)み、よく食べ、よく生きる。—健康寿命延伸はお口から」をテーマに、口の働きと健康維持について考えた。 特別講演では、戸板女子短大客員教授を務める女優の菊池桃子さんが「長寿社会を笑顔で過ごす〜大人の学びで見つけたヒント」と題して語った。菊池さんは40歳で大学院に進学した経歴に触れ「昨日まで知らなかったことが覚えられてうれしかった」と振り返り好奇心の重要性を説いた。 シンポジウムでは、県の前田彰久厚生部長と富大大学院医学薬学研究部の戸邉一之教授、日本歯科医師会の堀憲郎会長が「健康寿命延伸に向けて」と題して議論した。前田部長は歯周病予防支援事業など、県の政策を紹介し、戸邉教授は糖尿病と歯周病の関連性について語った。 大会実行委員長の山﨑安仁県歯科医師会長と厚生労働省の武田俊彦医政局長、堀会長、石井隆一知事、富山市の今本雅祥副市長らが順にあいさつした。 アトラクションでは、男子バスケットボール・Bリーグ富山グラウジーズのチアリーディングチーム「G.O.W」がパフォーマンスを繰り広げた。