石川トヨペット(金沢市)は3日、同市大友3丁目の金沢外環状道路海側幹線(海側環状)沿いで新店舗「海環金沢駅西店」をオープンした。トヨタ自動車が来年5月から全ての販売店で全車種を取り扱う体制に移行するのを前に、石川県内の営業拠点を拡大して顧客の利便性を高める。 敷地面積は3956平方メートルで、延べ床面積は1355平方メートル。明るく広々としたショールームで室内に4台、屋外に15台を展示できる。ゆったりとした商談スペースに加え、納車専用の部屋を新設した。最新の設備機器をそろえたサービス工場には6台分の整備スペースを設けた。 要明英二会長兼CEOは「店づくりでは女性の細やかな目線を大事にした。シンプルさを追求しながら、高級感のある雰囲気を意識しており、幅広い客層に気軽に訪れてもらいたい」と話した。 石川トヨペットとトヨタカローラ石川のSHIグループ(金沢市)は来年1月、トヨペットとカローラの合同店となる輪島店をオープンする。新設2店を加えて、グループの販売店は計26店になる。 3日は竣工式が行われた。7、8日にオープニングイベントとして、洗車会員券の割引や成約者へのプレゼントなどを用意する。