JR小松駅前に14日、ディスコが誕生する。ソウル、ダンスクラシック、ユーロビートなど懐かしの1980年代の音楽や踊りを楽しめる「大人の遊び場」で、40〜50代を中心に客を呼び込む。2023年の北陸新幹線敦賀開業を見据え、今後、2カ月に1回程度イベントを実施し、中心市街地のにぎわい創出に一役買う。 駅前のDJスクール「ⅢFAITHS DJ SCHOOL」石川校代表の道端隆一さん(52)と小松市出身のDJ・NOBさんでつくる委員会が小松市土居原町のビラビル2階のバー「PARTY TRUMP」内でさまざまな催しを行う。道端さんによると、市内でディスコが開設されるのは初めてとなる。 イベントの第1弾は14日午後8時から、「Bubble night DISCO(バブルナイトディスコ)vol1」(北國新聞社後援)と銘打ち、DJ悟空さんとNOBさんのほか、KOJIさんをゲストとして迎え、深夜零時まで行う。入場料はワンドリンク付きで2500円。 道端さんらはこれまで市内で不定期にディスコイベントを開いてきた。駅前に会場を確保してイベントを定期開催する体制を整えることで中心市街地に活力を与えたいと考えた。 道端さんは「小松だけでなく、能美、加賀、金沢から大勢の客を呼び込み、小松を盛り上げたい」と話した。問い合わせは同委員会=0761(22)0886=まで。