PFU(かほく市)は15日、昨年1年間に国内販売されたスキャナーのうち、同社の「スキャンスナップ」のシェアが44・7%で1位になったと発表した。首位獲得は10年連続で、調査会社BCN(東京)主催の「BCNアワード」のスキャナー部門で最優秀賞を獲得した。 PFUによると、2018年10月に発売した「iX1500」が従来のビジネスだけでなく家庭での引き合いも高まり、18年の37・8%からシェアを拡大した。BCNアワードは全国の主要家電量販店やパソコン専門店などの販売データを集計し、表彰している。