世界的な希少種ホワイトタイガーの一般公開が22日、能美市のいしかわ動物園で始まり、夏休み最初の週末に訪れた子どもたちが雄々しい姿に歓声を上げた。
 ホワイトタイガー「クラウン」は3歳の雄で、体長約190センチ、体重165キロ。繁殖目的の賃借契約(ブリーディングローン)に基づき、5日に群馬サファリパークから借り入れた。
 お披露目会が屋外展示場で開かれ、美馬秀夫園長があいさつ、市寺井保育園の年長児34人が歌を披露し、クラウンの仲間入りを祝った。同園学習センターには、ホワイトタイガーのフェースペイントを楽しめるコーナーが開設された。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】