湯沢町の湯沢高原パノラマパークのロープウエー山頂駅(標高約870メートル)に22日、「雲の上のカフェ」がオープンする。21日のプレオープンには観光関係者や観光客が訪れ、巻機連峰や湯沢の町並みを楽しみながら、地元食材を使ったスイーツなどを味わった。

 山頂駅の駅舎内には昨年12月にカフェが営業を開始。今回は屋外にウッドデッキテラスを新設し、屋内と合わせて「雲の上のカフェ」としてオープンすることになった。

 屋外部分には計26席分のイスとソファや、足湯を設置し、魚沼産コシヒカリの米粉を使ったクレープ、本県限定のビールなどを提供する。21日に訪れた埼玉県新座市の会社員男性(70)は「まちなかより涼しくて気持ち良く、くつろぎながら景色が楽しめる」と話した。

 営業は11月12日まで(冬季は屋内のみ営業)。問い合わせは湯沢高原、025(784)3326。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】