北陸初開催のアイスクリーム万博「あいぱく」が28日、小矢部市の三井アウトレットパーク北陸小矢部で始まった。期間中は全国のアイス100種類以上が集まるといい、訪れ人は複数のアイスを味わっていた。8月6日まで。

 あいぱくは、日本アイスマニア協会がプロデュースする国内最大規模のアイスクリームイベント。会場の西口屋外ステージ付近には、北は北海道から南は鹿児島県までの12店の15ブースが並び、手作りの無添加自然海塩を使った「奄美塩ジェラート」や大量に茶葉を使用した「プレミアム黒ほうじアイス」など、協会が全国から厳選したアイスや、あいぱく限定アイスが販売された。

 石川県小松市から友人と2人で訪れた出口乃々さん(20)は「限定商品もあり、アイス好きにはたまらない。全種類食べたい」と話した。あいぱくは午前11時〜午後7時まで。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】