高岡市中心市街地の夏の風物詩「高岡七夕まつり」が1日に開幕する。高岡駅前のウイング・ウイング高岡やクルン高岡、商店街には、31日までに色鮮やかな七夕飾りの取り付けが完了し、祭りムードを盛り上げている。7日まで。

 クルン高岡の歩行者通路「人工デッキ」では、行き交う人たちが写真を撮ったり願い事が書かれた短冊を眺めたりして楽しんでいた。末広町通りや御旅屋通りなどには、高さ3〜15メートルの七夕飾りが並び、風に揺れるちょうちんや吹き流しが涼やかな雰囲気を演出している。

 1日は、クルン高岡でオープニングセレモニーを実施。4日はジャズライブ、5日は民謡のど自慢大会、6日はライブイベントなどをそれぞれ高岡大和横で行う。ビアガーデンやストリートバスケットボール大会、民謡町流しなども予定されている。5、6の両日は夕方以降、末広町通りが歩行者天国となる。

 高岡七夕まつり実行委員会主催、北日本新聞社後援。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】