国指定重要無形民俗文化財「滑川のネブタ流し」は31日夕、滑川市中川原海岸(通称・和田の浜)で行われ、大勢の見物客が赤々と海を染める炎を見つめて無病息災を祈った。

 わらをむしろで包んだ「ネブタ」と呼ばれる長さ5、6メートルのたいまつをいかだに載せて海に流す行事。労働の妨げとなる眠気をネブタに託し、火と水で消し去ろうという願いが込められている。同様の行事は滑川市が日本海側の南限とされる。

 周辺の中川原や常盤町1、2区、吾妻町の各町内会、滑川青年会議所、寺家小学校、滑川東地区公民館、滑川市役所の計11基が参加。午後6時20分ごろ、伊東眞市教育長らがネブタに点火し、海に入った住民らが沖へ押し流した。ネブタは鮮やかな夕日をバックに、「パン、パン」と大きな音を立てて燃え上がり、崩れ落ちた。

 青年会議所のメンバーとして初めて参加した同市高月町の会社員、大門良輔さん(32)は「楽しく伝統文化に触れられた。もっと多くの人が参加し、ずっと続いてほしい」と話した。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】