金沢市小立野5丁目の浄土宗如来寺で1日、本堂を一般開放する「昼寝寺」が始まった。
 近隣の住民や園児、金沢美大の学生ら約30人が訪れ、広さ約100畳の本堂に寝転び、吹き抜ける涼風に身を委ねた。本堂は5日までの正午〜午後3時に開放される。吉田昭生住職は「心静かなひとときを過ごしてほしい」と話した。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】