高岡市中心市街地の夏の風物詩「高岡七夕まつり」が1日、開幕した。高岡駅前や商店街に並んだ色とりどりの飾りは、夜にはちょうちんに明かりがともり、幻想的な雰囲気を演出している。7日まで。

 駅前のクルン高岡の歩行者通路には、子どもたちの願いを飾る「願い短冊の杜(もり)」を設置。末広町、御旅屋通りなどには、高さ6〜15メートルの七夕飾りが並び、市街地を鮮やかに彩っている。

 クルン高岡でオープニングセレモニーがあり、実行委員会の川村人志会長があいさつ。高橋正樹市長と曽田康司市議会議長が祝辞を述べた。

 4日はジャズライブ、5日は民謡のど自慢大会、6日はライブイベントなどをそれぞれ高岡大和横で行う。5、6の両日は夕方以降、末広町と末広坂通りなどが歩行者天国になる。7日は射水神社で短冊のおたき上げを行う。

 高岡七夕まつり実行委員会主催、北日本新聞社後援。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】