第12回越前市サマーフェスティバル(13〜15日)の宣伝隊が7日、福井新聞社を訪れ「フィナーレの花火は大迫力のショータイム。ぜひ来て」と呼び掛けた。

 13日のメインは午後7時10分からの「ふるさと踊り」。総社通りなどを約1500人が練り歩く。当日の飛び入り参加も可。14日は蔵の辻を中心に音楽ライブやキャラクターショーがある。

 15日は午後7時20分から、日野川河川緑地で花火大会。音楽に合わせて約1万発を打ち上げ、夏の夜空を彩る。

 越前市観光協会の西野吉幸事務局長ら3人が来社。「期間中は催しいっぱいなので楽しんでください」とPRした。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】