二十四節気の一つで暦の上では秋が始まる「立秋」の7日、石川県内は台風5号の北上に伴う「フェーン現象」で、厳しい暑さとなり、かほく市で県内観測史上最高の39・0度と、全国一の暑さを記録した。
 志賀36・8度、金沢36・1度など5地点で猛暑日となった。志賀町では同日午後2時、熱中症の起きやすさを示す「暑さ指数34・8」と全国一を記録した。
 JR金沢駅前では、強い日差しの下、日傘を差す人や汗を拭いながら歩く人の姿が見られた。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】