金沢城公園、玉泉院丸庭園、兼六園を同時にライトアップする「金沢城・兼六園四季物語夏の段」(北國新聞社後援)は10日から始まる。9日は兼六園でリハーサルが行われ、曲水周辺で涼しげな景観が映し出された。
 金沢城公園は石川門、河北門、橋爪門の金沢城三(さん)御(ご)門(もん)や石垣が荘厳な雰囲気に照らされ、玉泉院丸庭園は「夏」と「祭り」をイメージしたライトアップとなる。兼六園は約200基の照明が使われ、徽軫灯籠(ことじとうろう)や唐崎松などの名木に加え、曲水や噴水など「水」に焦点を当てた涼感あふれるライトアップが披露される。
 期間は12日までの3日間で、午後6時半〜9時となる。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】