新潟中心商店街協同組合が中央区役所のNEXT21への移転に合わせ、初めて作製した「ふるまちランチマップ」が完成した。古町周辺の飲食店を掲載し、14日から参加店を巡るスタンプラリーも開催する。

 マップはB3判で折り畳み式。古町・本町地区の約130店舗を写真入りで掲載し、店舗所在地や各店のおすすめメニューなどを紹介している。駐車場やレンタサイクル、交通手段なども載せた。約40店舗ではランチマップを持参すると、ドリンクや大盛りサービスなどの特典がある。

 2万部を作製し、14日以降、中央区役所窓口で配布する。スタンプラリーは、スマートフォン用アプリから参加店舗にあるQRコードを読み取り、ランチの写真を専用ページから投稿するとポイントが獲得でき、先着でプレゼントがもらえる。

 中央区役所には職員約340人が通うほか、平日は千人規模の来庁者が見込まれ、交流人口の拡大が期待される。組合の松崎利春理事長は「この機会にいろんな店を巡ってほしい。好評なら継続して発行したい」と話した。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】