砺波市の「東野尻夏まつり」が12日、同市苗加の東野尻農村公園で開かれ、浴衣姿の住民が芸能発表や盆踊りを楽しんだ。

 地域のにぎわいを願い、同まつり実行委員会が東野尻婦人会、東野尻商工振興会と協力して毎年開き、ことしで21年目を迎えた。

 芸能発表では、よさこい団体「あいの風ステップ21」が華やかな舞を披露し、地元の「越中いさみ太鼓保存会」は勇ましく太鼓を打ち鳴らした。盆踊りは、公園の中央に設置されたやぐらやその周囲に住民が集まり「チューリップばやし」「砺波音頭」などに合わせて踊った。

 ビンゴ大会や金魚すくい、打ち上げ花火もあった。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】