ふるさと観光上市まつりが13日、上市町の上市川白竜橋周辺であり、約千発の花火や先祖の霊を招く迎え火が川面を染めた。

 河川敷には各町内会が竹などで作った高さ10メートル前後のやぐら「におとんぼ」が立ち並び、読経が響く中で一斉に点火された。集まった家族連れらが先祖の霊を招く「おしょうらい」の迎え火を回した。

 花火は午後8時から打ち上げられた。6号の大輪、キャラクターや動物のシリーズなど色鮮やかな花火が次々と夜空を彩ると、人々から拍手と歓声が起きた。

 夕方から町中心部が歩行者天国となり、納涼ビアガーデンや多彩なステージでにぎわった。恒例の上市音頭町流しもあり、14団体約350人が参加した。同まつり実行委員会と町商工会主催、北日本新聞社共催。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】