発達した低気圧と上空の寒気の影響で、石川県内は12日、強い雪と風に見舞われた。日中の最高気温は金沢5・6度、輪島3・3度と平年より5〜6度低かった。金沢市湯涌町では、温泉街の道路に雪が降り積もり、商店主たちは接客の合間を縫って除雪に励んだ。
 低気圧は千島近海を進んでおり、輪島上空約5千メートルには氷点下36度以下の寒気が流れ込んだ。金沢地方気象台によると、強い冬型の気圧配置は13日いっぱい続く見込み。13日午前6時から午後6時までの12時間降雪量は、多い所で加賀の山地30センチ、能登の山地15センチ、加賀、能登の平地5センチと予想される。
 13日も強い北西風が吹くとみられ、最大瞬間風速は陸上、海上ともに25メートル、海上の波の高さは5メートルに達する見込みとなっている。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】