23日の石川県内は高気圧に覆われて晴れ間が広がったが、一部では気圧の谷の影響で雨が降った。最高気温は金沢、珠洲でいずれも12.1度となり、それぞれ12月上旬、11月下旬並みの比較的暖かい一日となった。
 青空が広がった金沢の兼六園では雪づりが施された唐崎松(からさきのまつ)が霞ケ池(かすみがいけ)にくっきりと映り込み、来園者が水面の「逆さ雪づり」の光景に見入った。
 金沢地方気象台によると、24日のクリスマスイブの県内は、低気圧が日本海西部に進むため、日中は曇り、夜には雨が降る見込みとなっている。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】