福井県小浜市白鬚の「まちの駅・旭座」を発着点に、市中心部の神社仏閣を巡る「第7回旨(うま)いもんすごろくin小浜」が、5月19日に行われる。屋台村もオープンし、グルメと街歩きが楽しめる。

 巡ってもらうのは、不老伝説で知られる八百比丘尼(はっぴゃくびくに)が入定(にゅうじょう)した洞窟がある空印寺、後瀬山にある愛宕神社、厳嶋神社、本境寺、妙光寺、へしこ小屋、八幡神社、心光寺の8カ所。いずれもまちの駅から半径約500メートル以内で、順路は自由。

 屋台村はまちの駅にお目見えする。若狭牛ステーキ丼や小浜ラーメン、サバずしなどのご当地グルメのほか、焼き鳥、うどんなどが味わえる。

 ゴールした人全員に、屋台村で使える若狭牛ステーキの食券をプレゼント。またサイコロポイントが2カ所あり、出た目によって割引券がもらえる。若狭塗箸やサバ缶などが当たる抽選会もある。

 街歩きの対象は4歳以上で、限定300人。当日午前9時半から先着順で申し込みを受け付け、同10時〜正午に随時スタート。午後2時までにゴールする。参加費は小学生以下100円、中学生以上300円。問い合わせ、申し込みは小浜商工会議所内実行委=電話0770(52)1040。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】