射水市八幡町(新湊)の放生津八幡宮で25日に開かれる「祖霊社祭」(北日本新聞社後援)で、東北復興の支援を目的とした利き酒大会が開かれる。大会に使う日本酒の奉納式が12日に同宮であり、関係者が大会の成功と被災地復興を願った。

 祖霊社祭は、同宮を創建したとされる大伴家持をしのび、毎年8月に開いている。3月に同宮で東日本大震災復興祈願祭を開いたことから、被災地の地酒を使った支援企画を考案した。

 福島県観光物産交流協会が推薦する「廣戸川」や「雪小町」など地酒6銘柄を奉納。参加者は供えたお神酒を口にした。大伴泰史宮司は「福島の地酒を楽しみ、支援につなげたい」と話した。

 大会は午後5時半からで、参加費は500円。20日まで参加を受け付ける。問い合わせは同宮社務所、電話0766(84)3449。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】