福井県坂井市ゆりの里公園で10月12日、「秋のバラまつり2019」が始まった。園内にある約500平方メートルのバラ園では、深紅のヨーロピアーナや黄色いヴァンデ・グローブなど約60種類が鑑賞でき、バラ苗の販売なども行われている。

 この日は、バラの手入れ方法を紹介する園芸講座が企画された。福井ばら会の坂本千恵子会長が講師を務め、春にバラをきれいに咲かせるため、秋から冬にかけてすべき剪定(せんてい)や肥料のやり方を伝授した。

 会場では和紙のちぎり絵、色鉛筆画のワークショップブースが並び、訪れた人を楽しませている。

 まつりは10月27日まで。10月13日は午前10時からミニバラを使った寄せ植え体験があり、ウォルドルフ人形展も始まる。入園無料。10月15、23日は休園。問い合わせは同公園=電話0776(58)0100。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】