福井県坂井市の丸岡城周辺で開かれる「丸岡城紅葉まつり」(11月16、17日)と「そばの里丸岡 新そばまつり」(16日)のPR隊が11月11日、福井新聞坂井支社を訪れた。「紅葉を見ながらおいしいそばを味わって、多彩な催しで楽しんで」と来場を呼び掛けた。

 紅葉まつり(市丸岡観光協会主催)は午前10時から午後4時。歌や音楽、漫才などのステージイベントがある。霞ケ城公園を会場とするマルシェ、特設会場に設ける飲食スペース「城下市」と子ども縁日広場を両日開く。雑貨やヨガサロンなどのブースが並び、若狭牛を使ったコロッケや焼き鳥などを販売する。

 新そばまつり(丸岡そば振興協議会主催)は午前10時から午後3時に丸岡体育館で。同市丸岡町で収穫したソバを使い3千食を用意する。そば打ちの段位認定者らによるデモンストレーションもある。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】