鉄道各社などは1月6日、新潟県内の年末年始の利用状況をまとめた。JR東日本新潟支社によると、12月27日〜1月5日の管内の新幹線と特急列車の利用者数は前年比2%増の40万4千人だった。内訳は下りが5%増の20万8千人、上りが前年と同じ19万6千人。

 上越新幹線(越後湯沢−長岡)は上下線合わせ同2%増の35万人が利用。ピークは下りが12月30日、上りが1月3日で、担当者は「天候に恵まれ、週末と年末が重なったこともあり、多くの帰省客に利用していただいた」と話す。

 JR西日本金沢支社によると、台風19号被災のため運行本数が約50本減った北陸新幹線(上越妙高−糸魚川)は前年と同じ33万人が利用し、混雑も前年並みだった。北越急行は前年比2・0%増、えちごトキめき鉄道も1・4%増だった。

 NEXCO東日本新潟支社によると、県内主要10区間の1日当たりの平均交通量は、前年比8・0%増の約1万4800台だった。同支社は最大9連休となる曜日配列と、暖冬で少雪傾向だった影響とみている。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】