魚津漁協直営の飲食店「魚津丸食堂」(魚津市港町)は、昨年末に特典ポイントを導入し、大雨や強風、大雪など悪天候時に来店した客には1ポイントを追加している。竹内直樹店長(37)は「足元の悪い中、来てくれた皆さんには感謝しかない」と話している。

 魚津丸食堂は、市場直送の朝どれ魚介類を使った刺し身や、バイ飯などの定食を提供している。甘エビむき身丼、フクラギやヒラマサを使った「UO(ウオ)!漬け丼」(いずれも税込み800円)、カニ身丼(税込み1400円)といった限定の丼も人気だ。丼メニューがあるかどうかはその日の漁次第。数量も5〜10食ほどに限られている。

 ポイントカードは、昨年12月23日に導入した。食事した金額500円ごとに1ポイント付与する。大雨、強風、大雪となった日(民間気象会社の注意報レベル)に来店した場合は、さらに1ポイントを贈る。ポイントを10個ためるとボックスティッシュがもらえ、20個で食事代から500円が割り引きされる。

 竹内店長は「当日の朝にならないとメニューが決定しないのは大変だけど、珍しい魚を提供できる面白さもある。また来たいと思ってもらえるようないい店にしたい」と話している。営業は午前10時半〜午後2時(注文は30分前まで)。市場の開催と連動しており、今月は12、13、19、26日が休み。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】