新潟県長岡市宮本東方町の国営越後丘陵公園で、早咲きのチューリップの品種「ストレッサー」が見頃を迎えている。今年は暖冬少雪の影響で昨年より2週間ほど開花が早いという。晴天に恵まれた31日も、訪れた家族連れが愛らしい姿を眺めていた。

 ストレッサーは、早咲きのチューリップの中でも特に開花が早い。園内の芝ソリゲレンデ近くの花壇に約250株が植えられている。20センチほどに育った花々が寄り添うように咲き、オレンジと黄の2色の花びらが華やかな印象を与える。

 県内を旅行中に家族4人で寄った福島県会津若松市の男性は「この時期に咲くチューリップを、思いがけず見られて幸運でした。きれいですね」と話した。

 園内には他に123品種16万5千株のチューリップ畑があり、4月下旬ごろ見頃を迎えるという。

 入園料は高校生以上450円、65歳以上210円、中学生以下無料。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】