高岡地域地場産業センター(高岡市開発本町)に1日、直径1・83メートルの巨大な菅笠(すげがさ)がお目見えした。市によると、市役所福岡庁舎に飾られている菅笠の直径を2センチ上回り、世界一の大きさという。

 菅笠は、高岡市福岡地域の「越中福岡の菅笠製作技術保存会」の城山孝会長と、同市福岡町下蓑新の菅笠問屋、山岸商店(山岸信一代表)が、地元の特産品である菅笠を県内外にPRしようと5月に寄贈した。新型コロナの影響で展示を見送っていた。

 山岸商店が企画し、城山会長に製作を依頼。城山会長が材料となるスゲを用意し、妻と2人で作った。

 会場には、通常サイズの菅笠や、スゲなども飾られている。

 高岡地域地場産業センターは今秋に御旅屋セリオに移転するが、移転先でも展示する。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】