志賀町は24日までに、増(ます)穂浦(ほがうら)海岸の「世界一長いベンチ」に県産アテで作った展望デッキを設置した。昨年8月のイルミネーション企画用に設置された見晴らし台が好評だったことから、町がにぎわい創出を狙って準備していた。
 道の駅「とぎ海街道」の駐車場から階段を上った左側の「サンセットヒルイン増穂」に設置され、家族連れらが新たな眺望スポットからの景色を楽しんでいる。約10平方メートルで、増穂浦海岸やベンチを一望することができる。
 ベンチは1987年に設置され、長さは460・9メートル。世界一長いベンチとしてギネス世界記録に認定されたことがある。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】