3日の石川県内は高気圧に覆われ、晴れや曇りとなった。最高気温は全11観測地点のうち、小松32・9度、白山河内32・6度など今年最高を更新した5地点を含む10地点で真夏日を観測した。
 旧盆を控え、白山市の花き生産農家ではケイトウの出荷がピークを迎えている。同市八田町の畑では燃えるような赤色の花が一面に咲き、日差しを浴びて輝いた。JA松任ケイトウ部会の西藏廣茂部会長(53)によると、生育はおおむね順調で、1日当たり1万5千本程度を出荷する。


【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】